ジャックと豆の木とは

世界中の人々に愛されたジャックと豆の木

ジャックと豆の木とは?

ジャックと豆の木(Jack and the Beanstalk)は、1890年に民話研究者のジョゼフ・ジェイコブスによって出版されたイングランドの民話集「英国のおとぎ話」に収録されたお話です。ちなみにこの民話集にはあの有名な「三匹の子豚」も収録されています。
現在まで、「ジャックと豆の木」は様々な国で、翻訳・出版されたり、語り継がれていることもあり、様々なエピソードが存在するようです。


ストーリー

イングランドのアルフレッド大王時代(800年代中期から後期)のある日、貧しい農家の少年ジャックは厳しい母親に言われるがまま、飼っていた大切な牛を売りに市場に向かいます。しかし、道の途中で出会った男が持っていた奇妙な豆と牛を交換してしまい、そのまま家に帰ります。

家に帰るなり、農家にとって大切な牛と奇妙な豆と交換したことで、怒った母親がその豆を庭へ投げ捨てしまいます。

すると翌朝に庭に捨てられた豆が巨大な木に成長してました。豆の木は、雲の上まで伸び、それを見たジャックは好奇心を抑えきれず、豆の木をゆっくりと登っていきます。

やっとのことで雲の上にある巨大な屋敷にたどり着き、忍び足で、その屋敷の中に入っていくと、ジャックを見つけた巨人の妻が、夫は巨人なので屋敷から逃げるよう促されます。ちょうどその時、巨人が屋敷に帰ってきてしまい、巨人の妻はジャックを隠します。帰ってきた巨人は人間の匂いがすると不審になりますが、間一髪にジャックは隠れていたので、その場は事なきを得ます。

私のジャックと豆の木のコレクションの一部その後、巨人が眠りに入った隙に、ジャックは金の卵を産むニワトリを奪い、豆の木を降りて家に戻ります。そしてジャックは再び、豆の木を登り、金と銀の入った袋を奪います。しかし、ハープも持っていこうとした時にハープが急に喋り出し、それに気づいた巨人が起きてしまいます。

金と銀の入った袋と、魔法のハーブを持って、急いで豆の木を降り、地上に着いたジャックは母親から渡された斧で豆の木を切り、追って降りている途中だった巨人はそのまま落下して死んでしまいます。その後は、金の卵を産むニワトリや金と銀の入った袋によって裕福になったジャックと母親は、幸せに暮らしました。

社名および経営理念へ

戻る

アルゴフラッシュ 液肥、活力剤、グリホエース 除草剤等の園芸用品を格安にてご提供いたします。
有限会社 ジャックと豆の木カンパニー:〒283-0042 千葉県東金市西野飛地1665-10
TEL:0475-53-5361 FAX:0475-53-5364
Copyright © Jack & the Beanstalk Co.,Ltd. All Rights Reserved.